■アミノ酸(必須アミノ酸)
体内で合成できないアミノ酸で、食事から摂らなければならないものを指します。メチオニン、フエニルアラニン、リジン、トリプトファン、イソロイシン、ロイシン、バリン、スレオニンの8種です。

■アミノ酸
タンパク質は20種類のアミノ酸からなります。アミノ酸は、アミノ基(-NH2)とカルボキシル基(−COOH)が、同じ炭素原子に結合している有機化合物の総称です。

■インシュリン
すい臓の細胞から分泌されるホルモンの一種。たんぱく質としては比較的簡単な構造。働きは、組織での糖消費と肝臓、骨格筋でのグリコーゲンの合成促進。血糖量を減少させ、欠乏すると糖尿病になります。

■アルギン酸
コンブやワカメなどに含まれる。ヌメリの成分。コレステロールを吸着して排泄する働きをもつ食物繊維。

■イノシトール
食品に広く含まれ、腸内細菌によっても、多量に合成されるので、普通は欠乏症は起こりません。脂肪酸の合成や糖の生産に重要な役割を果たします。レバー、肉類、牛乳、卵黄、米、小麦粉に多く含まれます。

■エステル
アルコールと有機酸の間の縮合反応により形成される有機化合物。花の匂い、バナナやレモン、オレンジなどの香りの主成分です。

■硫黄(イオウ)
アミノ酸の一部(メチオニン・システイン)が硫黄を含むほか、ネギやニンニクの匂いの成分にも硫黄が含まれています。

■塩素(エンソ)
胃酸の成分。細胞内ではKClとして存在、細胞外ではNaClとして存在。

■アレルゲン
アレルギーの原因となる物質のことです。

■SOD
スーパーオキシドムスターゼ。活性酸素(スーパーオキシド)を消去する酵素のことです。

■インドール化合物
発がん物質が体の中に入った後でうける変化を抑制し、毒性を失わせます。

■アルカロイド
がん細胞の増殖を抑え、成長を抑制します。

■EPA
魚を多く食べるエスキモーの人は、ほとんど動脈硬化が起こらない、その理由を調べ、浮かび上がってきたのが、EPA(エイコサペンタエン酸)です。EPAは、魚の肝油などに多く含まれる不飽和脂肪酸です。特に、大衆魚である、イワシ、アジ、サンマなどの青魚に多い。しかし、最も多いのは、本マグロの大トロ。動脈硬化の最大の原因である、血小板凝集をおこりにくくします。また、血管にコレステロールが沈着するのを抑制し、血中コレステロールの改善や血栓の発生予防に有効といわれる。いわゆる、血をさらさらにするといわれているモノです。

■亜鉛
多くの酵素、正常な肝機能、DNA合成に重要です。酵素やホルモンの成分のほかに、インスリン合成、核酸合成と関連したタンパク質合成に利用されています。また、ビタミンB群の働きと吸収に必要です。古くなった細胞を新しくするときに必要で肌の美しさに、関係しているので、女性には重要です。また、男性の性機能にもかかわっている、男女とも不可欠なミネラル。不足すると皮膚炎や成長阻害、味覚障害が起きてきます。狭心症、動脈硬化、肝炎、高コレステロール、前立腺障害、学習能力の低下などに薬理効果があるといわれています。欠乏症は、学習能力の低下、水腫、疲労、高コレステロール、食欲減退、味覚障害、血液の循環不良、怪我の回復の遅れなどがあるといわれています。

■アセトアルデヒド
アルコールが肝臓で酸化されてできたものです。アセトアルデヒドは、体には害となるもので、お酒をのんで顔が赤くなったり、心臓がどきどきするようになるのは、このアセトアルデヒドが原因です。さらに、吐き気や頭痛などの悪酔いの症状まで引き起こしてしまいます。いわゆる「酔い」の原因となります。健康な肝臓なら、アセトアルデヒドをさらに酸化させて酢酸に変えることができます。この酢酸は最後には二酸化炭素と水に分解されます。体には有害で、酔いの症状(顔面紅潮、頭痛、吐き気、頻脈など)を引き起こします。アセトアルデヒドを分解するのはアセトアルデヒド脱水素酵素といってこの酵素の活性の強さが酒に強い人と弱い人を分けています。

■アドレナリン
副腎髄質ホルモン。血糖量を増加し、心臓機能を亢進します。エピネフリンともいう。緊急事態に直面したときに体が対処しようとして放出される物質であり、感情の興奮、運動、寒暖の著しい変化などで生じる体のストレスを和らげる働きがある。アドレナリンは、不安や恐怖などの情緒反応の活現にも関与するとも言われています。また、興奮したときには、沢山分泌されているはずです。

■一日30品目
一日30品目 1日30品目は食べましょう。1日30品目をバランスよく摂取することでビタミン不足を解消することができます。

■オリゴ糖
オリゴ糖は、ブドウ糖や果糖が2〜10個連なったもののことです。甘く感じるのですが、沢山食べても消化も吸収もされないので、食べても血糖値があがりません。(人間の小腸には、オリゴ糖を分解する酵素がありません。)大腸でビフィズス菌など善玉菌のエサになります。一方悪玉菌はオリゴ糖を食べられないので、オリゴ糖を摂ると善玉菌の活動が活発になり、悪玉菌の勢力が衰えます。理想的な腸内細菌バランスを保つために必要です。オリゴ糖を摂っても太る心配はありません。ダイエットには最適ですね。

■アスタキサンチン
アスタキサンチンとは、エビやカニ、サケの身、マダイ、キンメダイの皮に含まれる赤い色素のことです。サケは身の部分に、エビは殻やしっぽに多く含まれている。活性酸素・フリーラジカルを消去して酸化を防ぎ、過酸化脂質の精製を抑制する効果、悪玉 (LDL)コレステロールの酸化変性を抑制する効果、血液中の成分(コレステロールや血小板)が活性酸素によって次々に酸化され、動脈壁に蓄積していくのを防ぎ、改善を行なう効果、糖尿病性白内障進行抑制効果、免疫系増強効果・抗ストレス効果、抗炎症効果、皮膚細胞の損傷を抑える働き、疲労回復効果など様々な効果があると言われています。また、動物実験では、アスタキサンチンの投与で寿命が37%も延びることが実証されているようです。

■オロット酸
ビタミンB13とも呼ばれています。脂肪肝予防に働きますが、摂りすぎはかえって脂肪肝を発症するともいわれています。